こども英会話に通う

習いに行く - 子供英会話の情報サイト「こども英会話に通う」

Bookmark

子ども英会話を学ぶ必要性

近年では「子ども英会話教室」が多く存在している気がします。駅前から学校の近く、ビルやマンションの一角まで、多くの英会話教室が開講されています。しかし、幼いころから英会話を学ぶ必要性はあるのでしょうか。
確かに「国際化」「国際的」「異文化交流」など、日本以外に興味、関心を持つことは大切かもしれませんよね。しかし、幼いころから英会話を学ばせることはまだ早い気がするという意見もあります。

どちらが良い方法か分かりませんが、両方の意見を聞いてみましょう。まず「早くから英会話を学ばせたい」という意見からは、「(小さいころから学ばせることで」海外や英語に対する抵抗感が少なくなる」「外国人と話すきっかけにもつながる」「コミュニケーション能力が伸びる」「日本以外の国にも興味を持つようになる」「英会話の楽しさが知れる」など国際に対して前向きに考えられることも出来るので良いことではないでしょうか。

英語を習うことでのデメリットとは

反対に「幼いころから英会話を学ばせるのは早い」という意見からは「発音やスペルなどを学ぶのは小学校からでいいと思う」「英会話以外の科目をしっかりと学んでほしい」「英会話はいつでも勉強出来る気がする」「子どもにいやいや学ばせる必要はないと思う」「子どもに勉強の負担をかけたくない」「(日本語も未熟なのに)他語を学ばせるのはまだ早すぎる」など子ども第一に考えている保護者からの意見もあるようです。
しかし、子ども英会話を学ばせることで、「コミュニケ―ションを図る」「外国人と仲良くなれる」「他国にも興味が出る」と幼いころから関わっていると、一人ひとりの個性や人柄も子ども英会話と通じて、生まれていくような気がしています。

何も知らない幼児たちは「子どもは子ども、日本人は日本人、外国人は外国人」という少し偏見を持つようにもなっていくので、そこで私たち大人の役割として、まずは子どもに「偏見」をなくすよう「見た目は違うけど、私たちと同じ一人ひとり人間」ということを伝えることも必要ではないでしょうか。
普段から、日ごろからそういった「異文化交流」「国際化」に幼いころから少しずつ慣れていくことも大切ですね。

【参考】こども英会話はイーオン
http://www.aeonet.co.jp/kids/