こども英会話に通う

赤ちゃんからスクールへ - 子供英会話の情報サイト「こども英会話に通う」

Bookmark

さらに、英語を「勉強」している感覚がないので、自然と言語習得になるのです。そして、赤ちゃんのころからスクールに通うとなれば、どうしても親が同伴だと思います。
そのため、赤ちゃんだけが英語を学ぶのではなく、親も自然と学ぶことになるので、英語をもう一度勉強したいい人や、勉強をやり直したい人にとってみると、かなり魅力的な勉強ができるのではないでしょうか。赤ちゃんも耳が英語に慣れてくるので、初めての言葉が英語という場合もあるかもしれませんよね。

デメリットも考えておく

ただ、その中でもやはりデメリットは存在します。それは、授業料が基本的に高いという点ですね。これは、幼いころから学ばせたいという親も数多くいるので、いくら授業料が高くても需要はあるのです。
さらに、先生によっても、教え方があるので、子どもに合わない場合は英語の伸びも怪しくなります。先生との相性もかなり大事なのです。そして、赤ちゃんなので、一緒に行く時間が必要です。スクールまで行くのにも大変ですし、家のこともあまりできなくなるので、家族の理解も必要でしょう。

他にも、日本語講師と外国人講師がいます。そのため、どちらかを選ぶにも大変です。外国人の先生の方が発音はきれいなのかもしれません。
しかし、レッスンのフィードバックなどを聞きたいときに、親ときちんとコミュニケーションが取れないことが多いので、一体どういうことを授業でしたのか、家でどんな勉強をすれば良いのかの意志疎通ができない場合が多いのです。どうでしょうか、赤ちゃんのための英会話スクールに興味があれば、ぜひ見学してみませんか?