こども英会話に通う

外国人講師に習う - 子供英会話の情報サイト「こども英会話に通う」

Bookmark

しかし外国人講師でも、デメリットもあります。それは大きく言って「終わったあとのフォローが少ない」ことでしょうか。保護者があまり英語を話せない場合、日本語で会話したいものですよね。
しかしあまり日本語が話せない外国人講師では、レッスン後に何を学んだのかと問いかけても、具体的に伝達出来ない講師もいたりして、曖昧な返事なら、なおさら不安な気持ちも出てきます。

また英会話を始めたばかりの子どもが外国人講師だった場合、何を言っているのか分からず、言葉の壁を感じてしまい、泣いてしまう子や、行きたくない子どもも出て、日本人の講師にお願いするような状況があることも事実です。
子どもの発達や年齢に応じて、講師を決めていくことも大切ですが、まずは「英会話に慣れる」ことが最も重要であり、「子ども一人ひとりが楽しめるレッスンかどうか」を見極めることも、子ども英会話を学ぶ上で重要なことではないでしょうか。